FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ← もう一人の人魚姫 Side Kathuya → 秋の夜長に何して過ごす?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
総もくじ  3kaku_s_L.png ORIGINAL
総もくじ  3kaku_s_L.png 鬼畜眼鏡
もくじ  3kaku_s_L.png 逆転裁判
もくじ  3kaku_s_L.png 黒子のバスケ
もくじ  3kaku_s_L.png 日記
  • 【 もう一人の人魚姫 Side Kathuya】へ
  • 【 秋の夜長に何して過ごす?】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「ORIGINAL」
Short story

魔都――Dveil city―― 序章

 ← もう一人の人魚姫 Side Kathuya → 秋の夜長に何して過ごす?
 久々にオリジナルを書きました。
 昭和初期の上海を舞台にしたお話です。
 BL風味のなんちゃって時代小説です。
 そんなに長くはならないと、思います…たぶん…。

 

魔 都 ――Dveil ctiy――

 

序章

 

 1900年代において、最も繁栄した都市はどこか――。

 この問いには誰しもが同じ答えを返すだろう。それは上海、それも租界であると――。

 

 租界はアヘン戦争の代価に、イギリスが中国から強制的、永久的に土地を得た1842年に誕生した中国でありながら他国の法を施行する行政権と治外法権を持つ特別な地域である。

 初めはイギリス一国であったが、次にアメリカ・フランスが土地を租借し、英米仏が行政を統一して租界となった。そして英を母体とする香港上海銀行が設立されたことをきっかけに、欧米の金融機関がこぞって台頭を始めると、租界は一挙に独立国的な発展を見せた。

 

 亜細亜の一角でありながら、欧米文化を受け入れた租界は世界各国の文化や人間を取り込み、一大都市として華やかな発展を遂げる。

 その自由な風潮は多国籍な文化として花開き、豊潤な欧米の資本を元に、金融機関や商社が立ち並び、巨大なショピングモールや百貨店が相次いで建設された。

 巨大な資本と安価で大勢の中国労働力が、多くの工場を誘致し、またそれが富と人を呼び込んだ。

 そして人と富が溢れる中、食を始めとする様々な文化・娯楽が一堂に会する国際都市『上海』が出来上がった。

 ネオルネッサンスやアールデコ様式に中華風のアレンジを取り入れた摩天楼が聳え立つこの都市は、華やかで東西文化の融合する国際都市であった。

 

 けれど光が輝けば輝く程、その闇は色濃くなる。

 紳士淑女が行き交う華やかな表通りから一歩裏に入れば、阿片屈が怪しげな入口を開け、夜軍鶏(ヤーチー)と呼ばれる売春婦が往来で客引きを行っていた。

 パスポートが不要のこの都市は、様々な人類の坩堝となり、多くの犯罪者や反国主義者を抱え込み、より一層その闇を色濃くすることとなる。

 表社会は商社や銀行が、裏社会では青幇と呼ばれる犯罪組織が支配するそれが、上海であった。

 

 故にその極東随一のこの都市はこう呼ばれる事となる。――すなわち『魔都』と――。

 

 

総もくじ 3kaku_s_L.png ORIGINAL
総もくじ 3kaku_s_L.png 鬼畜眼鏡
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png はじめに
総もくじ  3kaku_s_L.png ORIGINAL
総もくじ  3kaku_s_L.png 鬼畜眼鏡
もくじ  3kaku_s_L.png 逆転裁判
もくじ  3kaku_s_L.png 黒子のバスケ
もくじ  3kaku_s_L.png 日記
  • 【 もう一人の人魚姫 Side Kathuya】へ
  • 【 秋の夜長に何して過ごす?】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【 もう一人の人魚姫 Side Kathuya】へ
  • 【 秋の夜長に何して過ごす?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。